マイクロソフト 2021年第3四半期

マイクロソフト FY22Q1決算

2021年10月26日 - マイクロソフト社は本日、2021年9月30日に終了した四半期の業績を、以下の通り発表しました。

売上/EPSともにOK

SlidesFY22Q1 pptx
- 売上高は453億ドルで、22%増加しました。

- 営業利益は202億ドルで、27%増加しました。

- 純利益は、GAAP基準で205億ドル、非GAAP基準で172億ドルとなり、それぞれ48%、24%増加しました。

- 希薄化後1株当り利益(EPS)は、GAAP基準で2.71ドル、非GAAP基準で2.27ドルとなり、それぞれ49%、25%増加しました。

ビジネスハイライト

SlidesFY22Q1 pptx

ビジネスプロセス

生産性向上・ビジネスプロセス分野の売上高は150億米ドルで、22%の増加となり、以下のビジネスハイライトがあります。

- Office 365 Commercialの売上高が23%増加したことにより、Office Commercial製品およびクラウドサービスの売上高が18%増加しました。

- Office Consumer製品およびクラウドサービスの売上は10%増加し、Microsoft 365 Consumerの加入者数は5,410万人に増加しました。

- LinkedInの売上高は42%増加しました。

- Dynamics製品およびクラウドサービスの売上は、Dynamics 365の売上が48%増加したことにより、31%増加しました。

クラウド

インテリジェントクラウドの売上高は170億ドルで、31%増となり、以下のビジネスハイライトがあります。

- サーバー製品およびクラウドサービスの売上は、Azureおよびその他のクラウドサービスの売上が50%増加(恒常為替レートでは48%増加)したことにより、35%増加(恒常為替レートでは33%増加)しました。

パーソナル・コンピューティング

その他のパーソナル・コンピューティング分野の売上高は133億米ドルとなり、12%増加しました。

- Windows OEMの売上は10%増加

- Windows 商用製品およびクラウドサービスの売上は12%増加(恒常為替レートベースでは10%増加

- Xboxコンテンツおよびサービスの売上は2%増加(恒常通貨では比較的横ばい

- トラフィック獲得費用を除く検索およびニュース広告収入は40%増加(恒常通貨では39%増加

- Surfaceの売上高は17%減少(恒常通貨では19%減少

株主還元

マイクロソフトは、2022年度第1四半期に、自社株買いおよび配当金の形で109億ドルを株主に還元し、2021年度第1四半期と比較して14%増加しました。

テクニカル

恐ろしいほどの右肩上がりです。引き続き買い推奨ですね。

マイクロソフトを知るためのおすすめ書籍

MSFT 310 11 ▲ 0 64 無題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です