【面接官になってわかった】1次面接が突破できない人あるある

過去の僕
転職活動してるけど1次面接でほとんど落とされる…
過去の僕
どこを改善していいかわからない…?

そんなあなたに「面接官」として30名以上を面接して見えてきた、ちょっとしたコツを書きたいと思います。

記事を読むメリット

  1. 職務経歴書で気をつけるポイントがわかる
  2. 面接中に気をつけるポイントがわかる

記事の信憑性

  • ベンチャーで30名以上の面接実施(1次面接・営業職)
  • 人材採用企業での法人営業経験有

職務経歴書の「写真」には徹底的にこだわった方がいい

Shutterstock 1286992999
圧倒的に感じるのはこれです。みんな写真の威力なめすぎ。よくあるのはこのパターン。

  1. そもそも写真が貼られてない(!)
  2. 全体的になんか暗い
  3. 髪の毛がボサボサ
  4. ネクタイが歪んでる
  5. 表情が固すぎる

新卒ならまだしも、中途採用でこのクオリティはないでしょ…という写真が散見されます。写真貼ってないなんて、そもそも論外です…

特に営業職での転職希望の方は、場合によっては命取りになりかねません。なぜかというと…

  1. 転職は「自分」を売る場なのに、努力を怠っているように見えてしまう
  2. 上位レイヤーの意思決定者に推薦しても、印象で断られやすい
面接後の僕
社長!こないだの面接、この人めっちゃよかったですよ!(写真のない職務経歴書を見せる)
社長
うんそうだね…もうちょっと他の人もいろいろ見てみたら?(写真の雰囲気パッとしないし今回はいいやー)

正直めちゃくちゃもったいないですよ…1次面接の目標は「1次面接者に、次の(2次・最終)に推薦をあげてもらうこと」です。いくら1次面接者の印象がよくても、その印象が次の面接者に伝わらなければ意味がありません。

無駄に損しないように、写真にはこだわりましょう。加点にはならないので、減点要素を減らすのが大事です。

  • そもそも職務経歴書に写真貼ってますか?
  • 髪の毛はボサボサじゃありませんか?
  • ネクタイはゆがんでませんか?
  • 明るく社交的な印象を与えるような表情ですか?


ちなみに僕は新卒で就活したときは、プロのカメラマンに撮影してもらいました。生涯年収数億円をかけた戦いなので、数千円ぐらいは投資しましょう。特に営業職希望なら、見た目(容姿ではなく、ノンバーバルコミュニケーション)の重要性に早めに気づいた方がいいです

人は見た目が9割 (新潮新書)
新潮社 (2012-07-01)
売り上げランキング: 31,116

成績がマイナスの数字は書かない方がいい

Shutterstock 567496438

成績がマイナスの数字は、ぶっちゃけ書かない方がよいです。結構な割合で、こんな感じで職務経歴書を出してくる人がいます。確かに実績を定量的に嘘偽りなく伝える事は、とても大事です。が…

  1. 2015年:達成率92%
  2. 2016年:達成率124%
  3. 2017年:達成率85%
  4. 2018年:達成率101%

こんなのを書いても、ぶっちゃけあんまり目標達成できない人なのね….と思われちゃいます。それだけでなく、自分という商品を売り込むのに、センスないなぁという印象を持っちゃうのです。

特に営業は、商品やサービスの切り口をいかに魅せるか、がめちゃくちゃ大事。自分すらうまく売り込めない人に、自社の商品やサービスを売れる印象は持ちづらいのです。

マイナスの数字を書くときは、そこから語れるよっぽどの逆転ストーリがある場合にしましょう。成果の仕事にフォーカスして、数字と工夫した事を書きましょう。(上記の例なら、2016年をふくらませるイメージです。)

面接中は必要以上にへりくだらない

Shutterstock 397384153
謙虚で丁寧である事は大事です。ただたまにこういう人がいます。

過去の僕
私は、こちらに入社させて頂いて、さらにこうさせて頂き、またさせて頂いた際にも

本当多いんです、こういう表現。入社し、こういう仕事をし、◯◯実績を出しました。でいいんです。

問題はですね、言葉が正しく使えてない云々よりも…連発される「させて頂く」が気になってあんまり話が入ってこないんです。

必要以上にへりくだってると、なんか自信なさそうにも見えますしね…お客さんってね、自信がある人から買いたいもんなんですよね。何度も言いますが、自分を売り込む(自分という商品を自信を持って語る」ことができなければ、やはり営業として成果を残せるイメージを持ちづらいです。

まとめ

Shutterstock 539313262

  • 写真めっちゃ大事!できればプロに撮影してもらった方がいい
  • 職務経歴書にマイナスの数字は書かない方がいい
  • 面接中に必要以上にへりくだらない。「させて頂く」に注意


1次面接をなかなか突破できてない人は、ぜひこのへんを試してみてください。グッと合格率が高まると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です